ルビー

結婚指輪や婚約指輪に使われるルビーの語源はラテン語のか”ルーベラ=赤色” からきています。すべての赤色透明石をルビーと呼んでいました。ルビーとサファイアはともに酸化アルミニウムの結晶であるコランダム(鋼玉石)という鉱物からできています。コランダムが結品となるときクロームが取り込まれると赤色に発色してルビーができるのです。チタンと鉄が適量取り込まれるとブルーサファイアになります。結婚指輪や婚約指輪に使われるルビーの赤は、「ビジョン・ブラッド」といって鳩の血の色が最高とされています。ヨン・ブラッドのルビーはビルマに多く採掘されます。エメラルドが緑を代表するように、ルビーは赤が代表とされます。古代、男が戦場などで流す血の色、女性の生理の色として意識されていました。また、男の精液の一滴が生理の血で養われて胎児が育つと考えられていたので、妊娠すると生理は止まると考えられていました。こうして赤という色は戦いと情熱と同時に多産と豊能を象徴する色となりました。

古代インドでは白色のサファイアが成熟するとルビーになると信じられていました。大地はゆっくりと時聞をかけて宝石を育てます。宝石は大地という母に抱かれて育つわけです。金属も鉱山という胎内で成長していくのです。ところで古くギリシャ・ローマ時代では、結婚指輪や婚約指輪に使われるルビーを「燃える石炭」と呼んでいました。暗閣で燃えている石炭のように、赤い輝きを放つ宝石だからでしょう。ルビーを身につけて真っ暗な部屋に入ります。紫外線をあてると人聞は暗くてわかりませんが、ルビーは赤〈輝きます。ルビーは紫外線が当たると赤く輝く性質があり、紫外線に対して発光する性質を蛍光性といいます。